記事一覧

【ニュース】 マレーシア航空撃墜事件 ロシアからブクを搬入

【5月25日 AFP】2014年7月にウクライナ東部で起きたマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便撃墜事件について、オランダ政府は25日、同国とオーストラリア政府が、撃墜についての責任はロシアにあるとみているとの見解を示した。

 オランダ政府は声明で、同国と豪政府はマレーシア航空機の「撃墜に関し、責任の一端はロシアにある」とみていると表明。両国は法的措置を視野に、国際的な機関もしくは裁判所に関係書類を提出することも検討しているという。

 これに先立つ24日、国際的な合同捜査チームは、MH17便を撃ち落とした地対空ミサイル「ブク(Buk)」が、ロシアのクルスク(Kursk)を拠点とする第53対空旅団から搬入されたものと結論付けていた。

 同機はオランダの首都アムステルダムからマレーシアの首都クアラルンプールに向かっていたが、搭乗していた298人全員が死亡。犠牲者の大半はオランダ人だった一方、オーストラリア人を含む外国人17人も含まれていた。

引用 AFP通信



ロシアを非難していますが一番責任が大きいのは紛争地帯の上空を飛ばしたマレーシア航空と警告を出さなかった国際機関でしょう。戦争への認識が甘かったとしかいいようがありません。21世紀の紛争ではいつ、どこにSAMが現れてもおかしくないのです。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

サクラテス

Author:サクラテス
世界の今を知るために 情報発信中

最新トラックバック

訪問者